ドイツ生活超初心者のfiffyがお届けするドイツ情報


by fiffysunshine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ヨーロッパ旅行( 4 )

スイス①お友達編

この週末、中高時代のお友達の結婚パーティーがあり、スイスへ行ってまいりました~☆
お友達の家にお泊りをさせてもらって、スイスを早速堪能!!!
すぐにスイスに恋したよ。
スイスの国旗はとっても、とっても可愛い!!
e0086424_4363978.jpg

チューリッヒの空気はとっても澄んでいた。
e0086424_4384358.jpg

料理を作ってくれている私のお友達。
e0086424_441013.jpg

サーモンとリゾット。女の子っぽい感じがかわいいでしょ。
e0086424_442384.jpg

こんなお家があちこちに。
e0086424_4442619.jpg

お友達のお母さんはインテリアに凝るのが大好き。実家にお邪魔したら、こんな素敵な色の家具がありました。お母さんが色を塗ったんだって。
e0086424_4453345.jpg


水がきれいで空気がきれいで。本当に澄んだ感じの町でした。日本人観光客もたくさんいたよ。
[PR]
by fiffysunshine | 2006-09-11 04:52 | ヨーロッパ旅行

おパリ最終日

今日は、昨日と違って、少し肌寒いおパリ。
どんよりと曇って、あまりドイツと変わらないお天気。

午前中にあった用をすませ、午後はもうドイツに帰るだけ。

ドイツにいる人がパリに行くと、大概意見が分かれる。
パリが好きか嫌いか。

私は断然パリが好き。大好き。

そりゃあ、ドイツのほうが安全。きれい。落ち着いている。不安を感じることはあまりないかもしれない。

でもね、でもね、私はあの、「カオス」が好きなのです。
人種が交じり合い、例えばスターバックスでも、黒人さんも、白人さんも、アジア人も、みんなが混じって同僚同士として働いている、あの感じ。
もしかしたら、アメリカよりも、人種感の融合はされているかもしれない。

みんなおしゃれにしていて、そして皆が共通にもっている、ちょっとヨーロッパぽい「気品」。

町もごちゃごちゃしてるし、治安の悪い面もあるけど、それでも私はパリに惹かれるのです。

ああいう活気、エネルギーが、ドイツにはまったくないから。
ドイツは、ホント「眠っている農村」って感じだから。

どちらも一長一短だけど、私はパリが本当に好き。

でも、ベルサイユには、もう一生行くことはないでしょう。
[PR]
by fiffysunshine | 2005-10-16 23:44 | ヨーロッパ旅行

おパリ2日目

今日は朝から快晴。

念願だった「ベルサイユ宮殿」へ。

パリ市内から1時間ほど離れた郊外にある、この宮殿。
駅についても、またそこからが、と、遠い。。。
e0086424_17385345.jpg


お部屋も、ただただゴージャスなだけで、そのうち見慣れてくる感じ。
「鏡の間?へええ、きれいね。」
ただそれだけの感想になってきてしまったり。
e0086424_17405273.jpg


そのうち足も棒になり、ステファンも私も、次第に無口に。

帰りたいんだけど、ここまできてるんだから、引き下がれない。帰れない。
見れるものは全部制覇するのだ~!!!!

これを合言葉に、ひたすら歩き回った一日でした。

最後に、かわいいお花。
疲れて座り込んでしまった時に、隣でかわいく咲いていたので。

e0086424_17443732.jpg

[PR]
by fiffysunshine | 2005-10-15 23:30 | ヨーロッパ旅行
実は今日からおパリ。

前回は車で行っていつもパーキングで大変だったので、今回は電車で。
3ヶ月前から電車のチケットを取っておくと、2人で往復100ユーロちょっと。かなりお得です。

夕方に出発して、あちらに着いたのは8時ごろ。
ホテルまでの電車に乗るために、町中をうろついていたら、それが大変だった。

インド、パキスタン地方の人たちの住むエリアのど真ん中から抜けられなくなってしまったのです。(要は道に迷った。)
私的には、「ニューヨークにいるみたいで楽しいな~」と歩いていたんだけど、ステファンの顔は真っ青。こわばっちゃって。そしてしきりに、「fiffy、ここはヤバイ、ヤバイ」というのです。

私は内心、「ああ、こういうエリアにステファンは慣れてないからな。。。」と余裕をぶっこいていたのですが!

ようやく目的地の駅に到着して、切符を買うためにお金を払おうとしたら、

「そんな、普通にお財布をだして、20ユーロの一枚でも見せたらだめ!
ここは、その20ユーロのために殺人も起きるわ!」


と窓口のお姉さん。
ステファンのお財布、ホント、20ユーロ一枚しか入ってなかったんですけど。。。。
それでも危ないというわけ。

もうそのあとはホントドキドキ。

よく見渡してみると、駅の構内も、電車の中もインド系の人しかおらず、観光客などのバッグを物色しているような目つきの悪い人たちもチラホラホラ。多いわけ。

ステファンなんか特に大きくて、白くて、純朴そうで、いかにも旅行者系のバッグなんかもっちゃって、ほんと目立つんだよね。

2人して、気を引き締めなおして始まった、おパリでした。
[PR]
by fiffysunshine | 2005-10-14 23:11 | ヨーロッパ旅行