ドイツ生活超初心者のfiffyがお届けするドイツ情報


by fiffysunshine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:結婚手続き( 5 )

ドイツ版グリーンカード

先日外国人局に行き、正式に「ドイツ版グリーンカード」なるものを取得してまいりました。。
パスポートには、新しい苗字と共に3年有効のビザが貼られ、正式にドイツで何をしてもいい人となりました。

気分はというと。。。。。。。。。。。びみょうう。(可もなく不可もなく)

3年前までは、私はこの同じ手続きをアメリカでするものと、信じて疑っていなかった。
そしてその日を夢見て、日々英語の取得に励み、その土地に住み、その土地のものを食べ、一生懸命に頑張っていた自分。

なのになぜ、今、私ドイツ??
みたいな。

ドイツに暮らしていることにも慣れ、普段は何も感じないけれど、いざこうして役所に行き、パスポートをいじられる手続きをしてみると。

なんだか狐につままれたような。。というか、なぜにドイツ?(しつこいけど。)

子どものとき、自分がまさかドイツで暮らすことになろうとは、思いもしなかったわけで、
両親にしてみたら、もっと狐につままれたような気分かしら。

まあ人生とはそんなものと思い、ここドイツの刃物の町でしばらく頑張ります。

***********************************
そういえば、「お引越し」。
なくなりました。
やっぱり今の家が好きなので、刃物の町にとどまります。
みんな、意外に便利な町なので、是非是非遊びにきてね☆
[PR]
by fiffysunshine | 2006-11-10 21:52 | 結婚手続き
みなさま、お久しぶりです。
結婚式も終わり、すぐに仕事も始まってしまい、やっと時間ができました。みんなにはいろいろとカードやメールやたくさんいただいていたのに、全部にお返事できなくてごめんなさい。今日ぐらいから全てのかたにぼちぼちとお返事をだしていくので、待っててください☆

それにしても結婚式。
天気予報では曇り&雨だったのに、お式の時間11時前より晴れ始め、青空が広がってお日様の中、無事に式を終えることができました。式が終わったらまた雨が降り出したので、本当にありがたかった!
それでは結婚式の模様を。
ネット上に載せることのできる写真は限られているのですがまずこれを。
e0086424_21103774.jpg
ドイツでの結婚は、日本みたいに紙を提出すればOKではなく、役所で必ず小さな式をしないといけません。このおじさんは、普通の役所で働いているひと。この人が、結婚式の司式者のようなことをしてくれます。
e0086424_2114357.jpg

そしてみんな座ったままでお式は進行。私はドイツ語が十分じゃないので、通訳者をつけることが義務付けられるんだけど、それはお知り合いの方がやってくれました。
最後に、「夫婦になることを誓いますか?」「ヤー(yes)」「ヤー」とお互い答え、キスをして、紙にサインをして終了。
e0086424_21281677.jpg

ステファンの証人、私の証人、通訳者もみんな紙にサインします。
建物の外に出るとお友達たちが待っていて、花道を作ってお祝いしてくれました。
e0086424_2117641.jpg
そしてみんな一本ずつバラの花をくれて、ハグの嵐。
その後は、昼食のためレストランに移動。
夜は、翌朝の5時までステファンの家でパーティーを行い、長い一日が終わっていきました。。
こんな感じで。
e0086424_21493991.jpg


次の日には、親戚のおじさんたちが集まってきてコーヒーとケーキを。
e0086424_2121841.jpg

今回の結婚式のために、お母さんとお姉ちゃんは合計7種類の巨大なケーキを焼いてくれていました。たとえばこれ。(私の名前バレバレだけど)
e0086424_21232530.jpg

もう毎日毎日、ケーキ、ケーキ。
ひっきりなしに訪れるお客様と、コーヒー、ケーキ。

金、土、日、と本当に疲れる3日間だったけれど、とにかくお母さん、お姉ちゃん、お父さんに支えられて乗り切りました。特にお母さんとお姉ちゃんの仕事量は半端じゃなく、もう足を向けて寝ることはできません。
週明けからすぐに日常生活が始まり、私の右手に残る結婚指輪(ドイツでは右側の手にします)と、名前以外に、特に変わったことはありません。前から一緒に暮らしてるし、まっ、こんなものなのかな?

ドイツ語って実はロマンチックなもので、結婚式のことを「Hochzeit(ホッホツァイト)」といいます。「Hoch」は「高い」、「ツアイト」は「時」。つまり「最高の時。」
スイスから来てくれた私の証人。知り合いが作ってくれたブーケ。体調の不調を押してきてくださった日本人のお知り合いたち。ステファンの友達たち。。日本やいろんなところからカードやメールをくれた、私の日本のお友達たち。ステファンの家族、私の家族。
今考えるとあの時、お役所で結婚した瞬間は本当に、今までの人生で最高の瞬間だったような気がします。

まだまだ長い人生、日本にいるみんな、私とステファンの友達、家族、みんなみんな一緒に幸せになっていけるように、このドイツから私の気持ちを送ります★
本当にどうもありがとう~!!
[PR]
by fiffysunshine | 2006-04-01 21:45 | 結婚手続き

結婚前マジック

ドイツに来る前に働いていた会社に、「イマムさん」という人がいた。
長年付き合っていたという彼と結婚が決まり、結婚式の日が近づいてくるにつれて彼女はどんどんときれいになっていった。
もとからすごく可愛い人だったけれども、それにまして肌のつやつやは増し、ほんのり上気したようにピンクになってて、本当に見違えるように誰の目から見てもはっきりと変わっていった。(フフフ、イマムさん。あなたのことです!)

私はそれをみていて、「ああ、例の結婚前マジックだ」と思ったものでした。

むかーしむかし、ワイドショーで宮沢○えと、お相撲さんの婚約会見を見たんだよね。そのときに、人相学の先生がコメンテーターにいてね、「結婚前のお嬢さんの典型的なオーラがでていますね。顔がほんのりピンクになり、肌がつやつやしてくる。」
と言ってたのを強烈に私は覚えていて、それを「結婚前マジック」と名づけていたのでした。
そして、当然、「私が結婚するときもその現象が起きるもの!」と思っていたのですが。。。。。。

何も変わらないよ。
むしろ、ちょっと太ってきた感じが無きにしも非ず。
ちょっと伸びてきた私の「広末涼子ヘア」が、毎日大変な寝癖をつくり、うまく直せないまま会社にくるので、なんか本当に不細工な気が。
肌がつやつや?ほんのりピンク色?
やっぱりそれって、色が白い人に当てはまることだったのかしらん?
私みたいにオークル系の肌の人には、あてはまらないもの。

。。。ということで、まだ結婚前のみなさん。
夢をみるのはやめましょう。
勝手に「結婚」という現象が自然に自分を美しくしてくれると、いわば他力本願だったんだけど、結局はその人の努力次第、人によるということですね。
それが現実。
[PR]
by fiffysunshine | 2006-03-23 17:02 | 結婚手続き

結婚指輪

結婚式の日にちがどんどん近づいてきましたねー。

先週末は、ステファンの実家に行き、注文していた結婚指輪を確認してきました。
日本で結婚指輪というと、なんかプラチナの細いもの(皆様の華奢な指に合うような)ものを想像しがちだけど、ドイツには結構ごっついものが多く、私もそちらの方が好きなので、ちょっとごつめものにしました。そしてプラチナじゃなくて、ホワイトゴールドで。

いやあ、あの感覚。初めて経験したよ。
よく自分で買っていたようなファッションリングじゃない指輪。
はめるだけで意味のある指輪。簡単に買い換えたり外したり、あまりしない指輪。
ある種の束縛感。ちょっと緊張も混じった、不思議な感覚でした。

いろんな準備をステファンの家族がしていてくれて、まずネイリストのステファンお姉ちゃんが、前日に爪をきれいにしてくれます。
ブーケは、私の知り合いの日本人のフローリストの方が作ってくれることになりました。
私のほうの証人になってくれるスイス人の友達も、フライトチケットを用意して、会社を休んできてくれる。
その他、多数のお知り合いの方が、くる準備をしてくれている。

そんな中、私はただ一人、現実感もないまま当日を迎えようとしています。

ああ、自分が結婚指輪をすることになろうとは。
[PR]
by fiffysunshine | 2006-03-20 19:13 | 結婚手続き

滞在許可

海外に長期滞在するにあたり、人はもちろん、「ビザ」が必要になります。
そして、今は1月、私のビザは。。。。。。12月はじめに、とっくに切れていたのでした~☆
これを、普通でいうと、「違法滞在」といいます。

。。。とはいうものの。
実は私の場合、去年ビザが切れる前に、「結婚の予約」をしておりました。
ドイツでは役所で式を挙げないといけないため、役所の日時の予約がいるのです。
結婚の予定は3月。
ビザが切れるのは12月。
そのため、外国人局に、
「3月に結婚をします。12月に一度日本に帰っても、また3月に戻ってこなければならずお金が高くつきます。ドイツで悪いことをしないので、ここにいてもいいですか?」
という、小学生みたいなお手紙をだしていたのです。もちろん、「結婚の予約」をした証明つきで。

それを出したのが11月。そしておとといまで何事もなかったかのように毎日を過ごしてきたのですが(ビザなしで)、とうとう!とうとう!外国人局から呼び出しをうけました。

ああ、ドイツのお役所。
-何度も出直しは当たり前。
-人によりけり対応が違う
-不明な点もあまり調べず、とにかく「No」という
私がキレテ吠えまくる

最悪の場合、日本へ強制送還か!?しばらくドイツ入国禁止か?!

ドキドキしてステファンとでかけました。。。。

ところが!
ドアを開けたとたん、なんとも可愛らしい犬が飛び出してきてお出迎え♪
ここで一気に気分も和み、とても和やかな中、普通にドイツに滞在するための許可証が発行されたのでした。。。

ま、結婚までの間、「ドイツ国外への出国は禁止(日本は除く)」ではありますが。

人質みたい。

でもこれ、役所で私が吠えなかった、初めての体験となりました。

めでたし、めでたし☆
[PR]
by fiffysunshine | 2006-01-24 16:29 | 結婚手続き