ドイツ生活超初心者のfiffyがお届けするドイツ情報


by fiffysunshine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

サッカー試合

書くのが遅くなり、もう話題に新鮮味がなくなってきたけれど。

サッカーの試合、いやあ、実に楽しかったです。
会場のレバークーゼンに向かう道中は、もう高速道路の上までも、ドイツ国旗をはためかせて爆走する車多数。みな顔にはドイツ国旗入り。
信号待ちなどで車が止まると、みなうちの車を覗き込み、日本人であることを確認されるような目つき。
「ひえ~。怖い、大きな外国人さんたち。」
と思わず思ってしまうほど、みな結構怖かった。

会場に着くと、ちらほら日本人の人の姿も見え、みんなドイツ国旗と日本国旗を両方ほっぺたに入れて、ほのぼのとした雰囲気。やっぱ、ハーモニー精神全開。日本人側の席につきたいと、何度思ったことか。

始まってみると、これまたビックリ。
ドイツ人側の席に座っている日本人も、これまた多し。
私たちの席は、ドイツ人側だったにもかかわらず、前も後ろも横もみーーーーんな日本人だった!

ものすごい寒くて、がくがく震えながらも、私叫ぶ、叫ぶ。
自分でも、「あー、私ってこんなに叫ぶんだ」と冷静に思ったほど。
「そこ行けー!」
「なかたあああああ!!」

応援もしかり。
警備のお兄さんが私を振り替える。
でもいいの、周りの日本人と一緒に励ましあいながら、応援。
ドイツ人(=敵)である、横のシュテファンのことは、ちょっともう忘れがち。

でも、ドイツ側がゴールを2点決めた時、日本人側に沈黙が走った。
そのときに周りのドイツ人たちが、日本人の方をポンポンとたたきながら、
「そんなに落ち込みなさんな。これでフェアだね。」
と。

その後は、もう皆敵味方なく、みんなワイワイと楽しんで終わった親善試合でした。
帰りもみなワイワイと。
どの顔にも笑顔が溢れ、「結局日本とドイツって、仲いいんだよね」とかいっちゃって。

いやあ、それにしても、どうしてこういう国対抗の競技になると、愛国心がムクムクと沸くんだろうね。日本のユニフォームカラーの「サムライブルー」にも、なぜかジーンと来ちゃったりして。

あんなに寒くて大変だったろうけど、日本のみんなには頑張ってもらいたい。
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-06-02 00:52 | 日々のつれづれ

楽しみなこと

さっき昼休みに何気に東京の天気を見てみたら。
もう20度を超える陽気になってるんだ~!!
こちらドイツ、デュッセルドルフは毎日雨と風の嵐となっており、気温も10度を切っています。。
息もまだまだ白いこのドイツ。

なのに、日本からもうサッカーチームはやってきているわけで。
日本と比べると気が滅入ってしまうような天気だけど。
うーーーん。頑張って欲しい。

今日は、ドイツと日本の親善試合であります。
私も会社が終わったら駆けつける試合。ドイツ側の席に、一人小さく日の丸を振る人がいれば!!
それは私かも。

ドイツ人の人達は、かなり日本のサッカーの実力は認めているようで。
4年前の大会で、かなり日本の株はあがってるみたいなんだよね。
ただ、日本のグループ分けの運の悪さが原因で、あまり最終まであがって来れないのではないか。。。というのが大方のドイツ人予想。
だって日本は、ブラジルやクロアチアと戦わないといけないんだもの。

だから今日の親善試合は、ドイツ人にとっても日本人にとっても、心なしか燃えているところがあり、ちょっと朝からそわそわしております。

にわかサッカーファンのこの私。
こころして、高原とか、中田とか、中村とか、稲○(なんだっけ?)とか、見てくるから~!!!!!(結局ただのミーハー☆)
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-05-30 20:39 | 日々のつれづれ

大☆大☆発表!

気が付けば5月も終わり。。。。
こちらドイツは、数分のうちに晴れたり、風と雨の嵐になったり、全く落ち着かない、寒い時期が戻ってきてしまいました。。でも空気はそのせいでいつもすがすがしく、花粉症もすっかりよくなりました。

そこで!!というわけでもないですが、発表があります!!!!!
日本に帰国する日が決まりました!!
6月10日から23日まで!あああああ、とっても楽しみでございます。
シュテファンにとって初日本!
その期間中は、結構もう予定もつまってきてしまっているのですが、東京にてお会いしたい皆様にはまた別途ご連絡を差し上げるので、画面の前のそこのあなた!
どうぞ心の準備をお願いいたします。

まあ、ワールドカップ当日からドイツを離れることになる、この手際の悪さはおいておいて、日本からテレビ観戦をすることになります。
でも今月末、ドイツvs日本のテスト試合のチケットはバッチリありますからね~。
それが見れればよしということで。また皆様には報告いたします。

やっぱりね、私の住んでいた国、育った国、文化、両親、友達を彼に見てもらうことは、私を理解してもらう上でとっても、とっても大事なことだとおもうんだよね。
またシュテファンはそれをした事がなかったので。

実家のトイレに体が入るか心配だけど。
朝の小田急線にのっても大丈夫か心配だけど。
歩いてばっかりで車に乗らないから耐えられるか心配だけど。
みんながぺちゃくちゃ日本語しゃべる中で絶えられるか心配だけど。

いつも私が体験しているカルチャーショックの逆バージョンということで、
彼には体験してもらう必要があるんだよね~。

みんなに会えることを楽しみにしてるから☆
おみやげも待っててね!(たいしたものではありません。)
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-05-24 00:22 | 日々のつれづれ

初夏

こんにちは!
皆さんがいらっしゃる場所はどのような陽気ですか??
こちらドイツのデュッセルドルフは初夏です。常に25度くらい。
町を行くと、皆女の子たちは夏真っ盛り。存分にここぞと太陽を浴びています。
日陰に入ると涼しいし、クーラーも必要ない、過ごしやすい気候です。

そんななかで。
いつ天気が悪くなるかもしれない、また寒くなるかもしれない、天気の面では本当にギャンブラーのようなここドイツ。
私も、この短い天気の間に思う存分夏の気分を味わうために、洋服もかなり夏まっさかり。
この時期しかないと、アイスクリームも食べまくり、気がついたら2キロ増えてるんですけど。。。日本に帰る直前なのに、やばい、顔も体も一回り大きくなった予感が。

ところで最近、車を一人で乗る練習をしています。
まだ高速道路は怖いけど、(ドイツの高速道路は速度制限無制限。みな200キロを超える速度で走るからね。)、一人で車にのってどこかにいくのって快感。
早くお金を貯めて、私の分の車を買いたいと思っている今日この頃。

やっぱ日本人だし、私トヨタより日産派だし、マーチとか欲しいな~(こっちではミクラっていうんだよ☆)
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-05-12 23:34 | 日々のつれづれ

下記日記訂正

誤解があったら困るので、この場で訂正を。
さっきブログに書いた、喧嘩のことだけどね。

別に、国際結婚だから!!という理由だけで喧嘩の原因を片付けようとしてるんじゃないつもりです。
ただ、日本人だったら「親切」として映る行為も、ドイツ人(例えば)にしてみたら「おせっかい」「干渉」に映ったり。「夕ご飯を毎日作る」という行為も、「やりすぎ」に映ったり。

結局は、お互い人間として、相手をどこまで受け入れていけるか、というところに尽きると思うのですが、お互いの考え方や風習、ましてや相手が日本に行ったこともなく、社会、生活、マナーなど、日本の典型的なことも何も知らない人だと、その分の要素も多分に含まれてくる、というのは事実なわけで。
いろいろな要素が含まれてくると思うわけです。

多分に個人的なことなので、いろいろ感想をお持ちの方もいるかもしれませんが、あくまでもこれは私の見解ということで、ご容赦いただければと思います。
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-05-08 20:22 | 日々のつれづれ

国際結婚-不仲の原因

実はここ最近、彼との不仲問題で結構へとへとな時期だった。
昨日、日曜日にやっと関係が修復して、またハーモニーが生まれたけど、ここ最近は実は何をするにも不協和音が鳴りっぱなしだった。
そんな関係にうんざりして、お互いにいらいらして、また不協和音になって。
やっぱり、「結婚するのやめようか?」「お互いはなれた方が、幸せになれるよ」
なんて会話も最後には飛び交っていた。

でも、昨日二人で気付いたのは、
「不協和音が生まれるのは、一人だけでは生まれない。
相手がいて初めて、和音も、不協和音も生まれる」
っていうこと。
どちらか一方が悪いだけでなく、両方に改善すべき点がある、っていうこと。
それに二人とも気付く事ができたのは、本当にありがたかった。

私の反省点としては。

私は、「親に怒られる」のは当然の日本社会で育ってきた。
しつけ、日本の社会の常識、マナー、目に見えない束縛の中で育ってきた。
でも。
私のパートナーはドイツ人。日本で育ってない。
しつけのされ方だって、親に怒られたことなんてない。
こっちの社会は、「ほめる」社会。
家族にけなされたり、怒られたり、されない。
頭ごなしに、「そんなことしちゃいけない。」なんて言われない。
子供は一人の独立した大人。ただ年が若いだけ。
自分のやりたい事は、自分で決める世界。
親は子供のすることで、よっぽどの事がない限り怒らない。束縛しない。干渉しないのです。

ドイツで育ってない私と、日本で育ってない彼。
身に染み付いてしまっている考え方、風習は、自分では気付かないほど深く根ざしているわけで。
そういうまったく違う二人が一緒に暮らしていこうというからには、お互いを受け入れていく許容量が求められていくわけで。

私は彼を無意識に、日本人の価値観とマナーと常識で判断し、日本人の枠に入れて考えようとし、または、私個人の枠に入れて考えようとしていた。私の意思に沿わない事があると、すぐに反発して文句をいうようになっていた女王様の私。

はああ。。。。
まだまだ修練の足りない私。
いっつもハーモナイズされたfiffy家になれるよう、今後も研鑚を重ねようと思います。

そんなわけで、昨日はおうちでバーベキュー。
美味しいご飯をたべて、一緒に片付けをして、仲直りをしました☆
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-05-08 18:11 | 日々のつれづれ

耳鼻咽喉科

5月に入りましたね。春をいきなり飛び越えて、初夏の陽気のドイツです。
この気候がいつまで続くのか、不安と期待を抱えなくてはならないのがドイツの辛いところ。去年の夏も本当に寒かったし、どうか寒い夏にはならないでほしい!!

ところで、私はまだまだ花粉症真っ盛り。夜も眠れず酷い状態です。
覚悟を決めて、今日ようやく耳鼻咽喉科に行ってまいりました。
私の花粉の原因は、「白樺。」
そしてドイツ滞在後2年目から発症するのが通常らしい。。。
去年は何もなかったのに。これで納得。
しばらく薬を飲んで、おさまったらアレルギーテストをする予定。

こうやって体に異変が起こると、生まれ育った環境と今の自分の環境が大変違うということをいつも実感する。
日本にいた時、「白樺」なんて気にもとめなかったもんね。
「白樺」といえば、「軽井沢」だったもんね、私の中で。
「白樺」をみると、避暑地を思い出す、ちょっと優雅な存在だったのに。。。

たわわに白い花を木につけて、いたるところで咲き誇ってる白樺をみると、もう「敵」を見る気分でございます。

はやくおさまるといいな。
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-05-03 19:59 | ドイツの習慣

春うらら

ただいま、ドイツは春真っ盛りでございます。
道端の木々は若草色のはっぱに白いお花をたわわにつけ、花壇にはきれいなお花がたくさん並び、あの暗くて寒い冬を抜け出した喜びに満ち満ちております。。

なのに。
そのせいで私はただいま花粉症まっさかり。
こんなに日本でもなったことのなかったくらい、ひどいひどい。
コンタクトを入れることができなくて、もう一週間たちます。
鼻のかみすぎで、周りの皮はむけるし、鼻がつまってぼーっとしてるし。

何でもこの時期の花粉は「白樺」らしい。

こんなの日本ではならないよ~。(泣)

それでもやっぱりこちらの春は、冬が終わった喜びにあふれてて、こちらもうれしくなります。
もしヨーロッパに旅行に来る予定のある人は、4月末、5月が一番おすすめかも。
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-04-28 20:41 | 日々のつれづれ

元素占い

あっという間に週末も終わり、今週は祝日がないので月曜日から金曜日までみっちり働かなきゃ。また今週末3連休だから、それを夢見て頑張らねば!

ところで、さんたさんのところから貰ってきた「元素占い」。かなりおもしろいので、みんなもやってみて☆
ちなみに私は。。。。
当たってるような気がしなくも。。。。ない。


原子番号
27
元素記号
Co
元素名
コバルト Cobalt

性格診断
燃えやすさ
 見た目がとてもクールなので、本当は情熱的でも表に出ないため誤解されることもあります。

行動
 あるときは積極的、またある時は落ちついて、と柔軟性を持って行動します。

影響
 素直ですが、お人好しでうわさを信じやすい面があり、人から影響を受けます。

人間関係
 平均的な付き合いをしますが、時には人間関係で悩んだりもします。

存在
 世の中のいろいろなところで活躍している多彩な能力を持つ存在です。

集団行動では
 自立しているため、集団の中にいるのはあまり好きではありません。単独行動を好みます。

他人との接し方
 良心を持っていて、時々やさしいと褒められます。

あなたのラッキーカラーは
レインボー

あなたと相性のいい異性は
[ 元素記号 ( 元素名, 原子番号 ) ]
Pb ( 鉛, 82 ),U ( ウラン, 92 ),Md ( メンデレビウム, 101 ),Ge ( ゲルマニウム, 32 ),F ( フッ素, 9 )
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-04-24 15:52 | 日々のつれづれ

暇なイースター

休暇中、ステファンが出かけて一人、本当にすることのない暇ひまな夜があり、一晩中テレビを見ていた夜がありました。
夜1時ごろ、ふとあるチャンネルで「真田ヒロユキ(漢字度忘れ)」のでている映画を見つけた私。
題名を見てしばし日本語訳を考える。。。。。。
あっ!「たそがれ清兵衛」だ!!!!!

ドイツではおもしろいことに、夜中の誰も起きていないような時間帯に、日本の昔の映画をやっていることがよくあります。(ドイツ語吹き替えで。)
今までは大昔の映画が多かったんだけど、これって結構最近じゃない?
ついつい見入ってしまいました。

そこで思ったのは。
やっぱり日本っていいよね~。

「ありがとう。」「かたじけない。」「すまない。」「お先に失礼します。」
と、お侍さんたちがいちいち頭をさげる。

殺伐としたお侍さんの日常生活の中、
「あー、もう桜の季節なのか。」
と、桜の花の下で足をとめる。 

おかゆを食べたあと、お茶碗にお湯をそそぎ、お漬物のたくわんでお茶碗を拭きながら、最後に一緒に注ぎこんでお茶碗をきれいにする方法。(←今でも禅宗のお坊さんなどは、こうやってご飯を食べるね☆)

桜の夜道を歩きながら、お互いに自分の気持ちを打ち明けられない男女。

討伐に行く侍のために身支度を手伝う女性が、無事に帰って来てほしいと願いをこめつつ、無言で手際よく、お侍さんのマゲを結う仕草。

日本の青空。
暖かい春の陽気。
なんだか優しいお日様。

ドイツ語吹き替えだったけど、もう私の頭の中では日本一色。
古き日本の文化、習慣が、日本から遠く離れてるからこそしみじみと感じられて、またも身がよじれるのでありました。
[PR]
# by fiffysunshine | 2006-04-20 15:30 | ドイツの習慣